2017年07月12日

短い話








洗面所で鏡に向かうイツキを後ろから抱き締める。
首筋にキスをしながら、留めたばかりのシャツのボタンを、ひとつひとつ、外していく。

「……おれ、……向こう、帰る。……明日、学校あるもん…」
「行くなよ。優しくして欲しいんだろう?……お前の好きなだけ、くれてやるよ?」
「……ずるいなぁ、……マサヤ…」

肌蹴たシャツの隙間から手を差し入れ、素肌に指先を這わせる。
鏡に映るイツキは顔を俯かせ、黙って、俺の手に弄れている。
腰より下に手を伸ばそうとすると、一応、抵抗するように、俺の手に自分の手を重ねてみたりする。
もっとも、構わず、股間を握ると、そこは程よく熱く膨らみ、イツキもまんざらではない事が解る。







「イツキ」







そう呼ぶ、自分の声で目が覚めた。
事務所のデスクで、うとうととしていたらしい。
ソファにいた一ノ宮が何事かとこちらを向いたが、何もなかったかのように取り繕う。




先刻、イツキを一人で帰した事を、後悔している訳でもないだろうが




こんな夢を見るなど、俺も、相当、イかれて来たのだと思う。






posted by 白黒ぼたん at 00:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/180316351
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
最近のコメント
足りないイツキ by はるりん (10/15)
誘惑・5 by ぼたん (10/13)
誘惑・5 by A (10/12)
誘惑・5 by はるりん (10/12)
誘惑・3 by ぼたん (10/11)
誘惑・3 by はるりん (10/10)
誘惑・2 by ぼたん (10/09)
誘惑・2 by はるりん (10/09)
一応、冗談 by ぼたん (10/04)
一応、冗談 by はるりん (10/03)