2017年07月28日

数十分後







「さて、次は何で遊ぼうか?」


男はそう聞いて、イツキの湿った背中に手をやる。
実際、今のイツキは、その感触だけで…どうにかなってしまいそうだったが、それは、隠す。

部屋に来てから一時間、二時間。
イツキだけずっと、鳴かされ続けていた。
玩具を詰められ、刺激され、限界の手前まで追い立てられては、緩められ
何度も際まで来たのだが、イクことはなく、



男は、最後に少し自身を擦り、射精したようだったが

それは目的ではないらしい。


とにかく、イツキの乱れた姿を見たいだけだった。







「………もう、これ、……抜いてほしい。………だめ?」




イツキはベッドの上で身体をくねらせながら、男に懇願する。
しばらく前からイツキの中には、中を刺激する、曲がりくねった妙な玩具が埋められていて、
しかも、イツキ自身が排泄できないように、上からロープが巻かれていた。

玩具は、すぐにイツキを犯し、気を変にさせる凶悪なものでな無かったが

確かに、そこにあり

徐々に、イツキを、おかしくさせるものだった。




「……もぞもぞ、……するの。……もう、や……
イクなら、イかせて……、おれ、……へんになっちゃう……」

「それが見たいんだよ、イツキくん。……次はコレ、しようか…?」


男は笑って、持参していたポーチから、尿道に突き刺す細い管を出して見せる。
イツキは眉間にシワをよせ、唇を噛みしめ、顔を横にそらせる。






その顔が、快楽に溶け
みっともなく開き、濡れ、次を求め
男をさらに悦ばせるのは



ほんの、数十分後。





posted by 白黒ぼたん at 22:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/180474920
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
最近のコメント
記録・1 by はるりん (09/29)
夜伽話 by はるりん (09/27)
歓迎会・2 by ぼたん (09/25)
歓迎会・2 by はるりん (09/24)
歓迎会・2 by ぼたん (09/23)
歓迎会・2 by はるりん (09/23)
黒川危機一髪 by ぼたん (09/15)
黒川危機一髪 by みょん (09/13)
黒川危機一髪 by ひとみん (09/13)
黒川危機一髪 by はるりん (09/12)