2017年08月01日

一ノ宮の進言






一ノ宮が事務所に戻ると、黒川は一人でパソコンに向かっていた。
真面目に仕事をしていると、一ノ宮は感心し、コーヒーを淹れ、黒川のデスクに置く。
ふと、パソコンの画面を覗くと、そこには文字が並ぶ契約書でも、計算ソフトの升目でもなく
新緑豊かな、どこかの温泉宿の、案内があった。



「………ご旅行ですか?」
「ああ。…まあ、その内な…」
「接待でしょうか?」
「いや、イツキとだ。たまには息抜きも必要だろう?」


そう言って黒川は、画面を見ながら、何の含みも無い笑顔を浮かべる。


自分の都合で無理な仕事を押し付けてしまっているイツキに
たまには、息抜きに、景観の良い温泉地で、のんびりと過ごさせようと
端から見れば、優しい、良い話なのだけど
そもそも、無理な仕事をさせなければ良いのにと、一ノ宮ですら思う。



「……これ以上、小野寺会長のオファーが無ければ…良いのですけどね」
「まあな。まあ、今回はそう酷い目にも合わんよ、……色々、条件を出している」
「それでも、イツキくんには、辛いものでしょう?」
「…俺と一緒にいる以上、多少は仕方ないだろう?……まあ、我慢してもらうさ」


黒川はコーヒーを飲み、少し目を伏せ、溜息などをつく。
おそらく心のどこか、片隅の奥の方では、イツキに対して申し訳ないと思っているようなのだが、
それは、隠す。



「……ちゃんとイツキくんと、話をされた方が良いですよ?」
「…うん?」
「……面倒臭がらずに、…素直に。自分を理解して貰う努力を、なさい」



いつもに増して厳しく、キッパリと言い放つ一ノ宮に、
黒川は少し驚いたように、視線を向けるのだった。





posted by 白黒ぼたん at 22:00| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
一ノ宮もっといってやれー
Posted by 朝倉葉月 at 2017年08月01日 22:54
本当です。
黒川に命令口調なんて
一ノ宮にしか出来ないんだから!
Posted by ぼたん at 2017年08月02日 08:46
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/180509520
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
最近のコメント
足りないイツキ by はるりん (10/15)
誘惑・5 by ぼたん (10/13)
誘惑・5 by A (10/12)
誘惑・5 by はるりん (10/12)
誘惑・3 by ぼたん (10/11)
誘惑・3 by はるりん (10/10)
誘惑・2 by ぼたん (10/09)
誘惑・2 by はるりん (10/09)
一応、冗談 by ぼたん (10/04)
一応、冗談 by はるりん (10/03)