2017年08月08日

半分








「…何?一人で来たの?…ああ、黒川くんの車ね。何、彼、帰っちゃったの?
まったく、顔ぐらい出して行けばいいのにね…、まあ、話す事もないか…はっはっは」


大きくもなく小さくもなく、都心の、洒落たホテルのロビーで
小野寺はイツキを出迎える。
少し緊張した面持ちのイツキの肩を気軽にぽんぽんと叩き、軽口を叩き
パーティーの会場へと案内する。



「そんなに硬くならくていいよ。ふふ。可愛い君を横に連れて歩きたいだけだよ。
別に、何もしなくていい。

本番はナシって聞いているだろ?……それとも、残念?」


黒川と同じ、くだらない冗談を言い、小野寺は部屋の扉を開ける。
薄暗い室内。パーティーと言うよりむしろ、クラブやライブのような雰囲気で
すでに始まっているバンドの生演奏に合わせ、それぞれ、酒を飲みながら身体を揺らしている。
小野寺はすれ違うボーイからカクテルグラスを二つ取り、一つをイツキに渡す。



「はい、乾杯」



グラスをカチンと鳴らして、小野寺は、実に紳士的に微笑む。
そんな笑顔で気を許すほど、イツキは馬鹿ではなかったけれど


どうなっても良いと、口当たりの良い甘いカクテルを勢い煽ってしまったのは


半分は、喉が渇いていたためと、もう半分は


自分を放り出した黒川への、当てつけのようなものだった。







posted by 白黒ぼたん at 23:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/180595373
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
最近のコメント
一週間・5 by ぼたん (02/19)
一週間・5 by ふふ (02/18)
一週間・5 by はるりん (02/18)
直球 by ぼたん (02/12)
直球 by はるりん (02/11)
意地悪 by ぼたん (02/10)
意地悪 by はるりん (02/09)
物音 by ぼたん (02/08)
物音 by はるりん (02/07)
食卓 by ぼたん (02/06)