2017年09月01日

救世主?







「……いい加減にしろ」



いつもより低い、凄みのある声でそう言い
イツキの髪の毛を正面から掴み、頭ごと後ろの扉に押し当てたところまでは
まだ黒川にも若干、余裕は残っていたが

イツキがもう一度手を振り回し、黒川の手を外し、黒川の身体を押し退けようとしたあたりが限界だった。




とりあえず平手でイツキの頬を叩く。




「…落ち着け、…馬鹿が!」
「……そうやって…、結局、……手を出すんじゃん……」
「…はぁ?」
「俺の話も聞かないで…、結局最後には力ずくで…、……昔と、なんにも、変わんないじゃん……」


イツキがそう言い終わるか終わらない内に、もう一度、平手で叩かれる。
今度は耳の後ろに入ってしまい、くらくらと眩暈を感じ、足元がよろける。
それでもイツキは顔を上げ、黒川を睨む。
その態度が気に入らず、黒川は、イツキの胸倉を掴み、軽々と締上げる。



「………ふざけるなよ、イツキ…」




そのまま身体を持ち上げ、首を絞めるか、床に放り出し足蹴にするか……

そのどちらか…、という時に、イツキの後ろの扉がガタガタと動き出す。

誰かが扉を叩いている。

鍵が掛かっていなかった扉は、イツキたちを押し退ける様に開き、一人の男が事務所の中に飛び込んで来る。



男は、黒川とイツキの間に割って入り、イツキをかばう様に両手を広げ、黒川との間に距離を取った。





梶原だった。





posted by 白黒ぼたん at 18:36| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
頑張れ梶原くん。
この際、有名大学→官僚にでもなって黒川から奪ってみたら^_^
Posted by みも at 2017年09月02日 00:02
ああ!それは考えてなかったですね。
なかなか良いアイデアかも!?
Posted by ぼたん at 2017年09月03日 23:07
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/180853936
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
最近のコメント
余計な揉め事 by ぼたん (10/18)
余計な揉め事 by はるりん (10/18)
甘い欲求 by ぼたん (10/17)
足りないイツキ by ぼたん (10/17)
甘い欲求 by はるりん (10/16)
足りないイツキ by はるりん (10/15)
誘惑・5 by ぼたん (10/13)
誘惑・5 by A (10/12)
誘惑・5 by はるりん (10/12)
誘惑・3 by ぼたん (10/11)