2017年12月06日

タイミング・終








イツキに見つめられ、おまけにニコリとされた黒川は、とりあえず、ふんと鼻息を鳴らし、
最後にもう一度清水を睨んだ後、くるりと背を向け、マンションに入ってしまった。

どうやらこれで、一頻り済んだようだと、イツキもほっと胸を撫でおろし
清水にも、ふふ、と笑顔を向ける。



「……ごめんなさい、先輩。マサヤ、うるさくて…」
「あ、ああ…、いや、俺も悪かったな…、……疑われるような事、して」
「気にしないで下さい。ああいうコト言うの、マサヤのお約束なんです」
「……なんか、お前、……変わったな…」



少し寂し気に清水はそう言う。
黒川との関係に思い悩み、疲れて、自分に甘えて来た頃が懐かしい…などと感傷に浸る。

イツキが穏やかに過ごせるのなら、それが一番良いことなのだけど
無条件で喜んでやれるほど、まだ、気持ちの整理はついていない。



「…じゃ、先輩。…ありがとうございました」



イツキはぺこりと頭を下げて、小走りでマンションへ、……黒川の元へ戻っていく。


清水はその背中を見送りながら





自分は、どこで何を間違えてしまったのかを、考えていた。







おわり





posted by 白黒ぼたん at 23:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/181775088
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
最近のコメント
直球 by ぼたん (02/12)
直球 by はるりん (02/11)
意地悪 by ぼたん (02/10)
意地悪 by はるりん (02/09)
物音 by ぼたん (02/08)
物音 by はるりん (02/07)
食卓 by ぼたん (02/06)
食卓 by はるりん (02/04)
優待券 by ぼたん (02/03)
佐野 by ぼたん (02/03)