2017年12月07日

イツキの勝ち








「本当にラーメン食べに行っただけだよ。美味しかったよ、味噌味で、叉焼がとろとろで…」
「……ふん」



部屋では黒川がすでに、グラスに酒を注いでいるところだった。
イツキは冷蔵庫からチーズとプリンを取って、ソファの黒川の、足元に座る。


「だいたい、あいつがここに来る自体、オカシイだろう。いつも、入り浸っているのか?」
「今日はたまたま。本当は遊びに行こうかって言ってたんだけど、ナシになって…。でも、ご飯だけなら…って」
「ふん。そのついでに、ヤるんだろう?…どうせ」

「ちゃんと会って、話して、けじめ、付けなくちゃって、思って」



そんな事を言うイツキを、黒川は意外な顔で見下ろす。
イツキはプリンのスプーンを舐めながら、小さく小さく、溜息をつく。



「……けじめ、か。はは。まるでお前ら、デキていたようだな」
「デキてないけど。……良い人だったよ。……俺、色々、助けてもらった……」


言いながらイツキは、身体を傾け、黒川の足にもたれ掛かる。
足元にまとまる姿はか弱く、儚げで、妙な征服欲をそそる。
……解ってやっている訳ではないと思うのだけど…、甘える仕草。




「………マサヤは、もっと俺に優しくしないと、駄目だよ…」





仕上げに、そんな事を、言うのだった。





posted by 白黒ぼたん at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/181782469
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
最近のコメント
フェスタ・26 by はるりん (12/14)
フェスタ・25 by ぼたん (12/13)
フェスタ・25 by はるりん (12/13)
フェスタ・24 by ぼたん (12/12)
フェスタ・23 by ぼたん (12/12)
フェスタ・24 by はるりん (12/12)
フェスタ・23 by はるりん (12/11)
フェスタ・21 by ぼたん (12/09)
フェスタ・21 by はるりん (12/07)
フェスタ・19 by ぼたん (12/05)