2017年12月13日

功労者







「……引っ越しした?」
「うん」
「え。……あのマンション、もう、居ないの?……今、どこ?」
「…新宿の方。…前から言ったり来たりだったんだけど、まあ、そんな感じ…」



イツキが派手に遅刻をした日の昼休み。
イツキと梶原は食堂で、久しぶりに一緒に昼食を取る。
久しぶりだと、話すことも聞くことも多くて、梶原はどれから手を付けてよいのか、焦る。
とりあえず目の前のかき揚げうどんを流し込んで、今日の遅刻の原因を聞く。


「寝坊したし、電車でどれくらいかも解らなかったし。…やっぱり、タクシーにすれば良かったよ…」
「…へ…え。……それって、……あの人と…、一緒って事?」
「うん」
「……上手く、……行ってるんだ?」
「んー、……まあね」




イツキは少し考えながらそう答え、笑い、自分の山菜そばを食べ始める。



黒川と、上手く行っているのだと聞いて梶原は、正直なトコロ、少し複雑だった。
黒川と仲違いしたからと言って、自分と親密になる訳でも無いのに。

つい数日前まで、思い悩み、沈んでいたはずのイツキは、いつの間にか吹っ切れたように、明るく微笑む。
梶原は、その変化のどこにも関わることが出来なかったと、少し、気落ちする。





けれど今回の件の一番の功労者は、梶原なのだと

イツキはちゃんと、解っていた。

そして、いつか、助けて貰った分を、きちんと返すことが出来ればいいと

静かに、思っていた。






posted by 白黒ぼたん at 23:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/181833689
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
最近のコメント
フェスタ・26 by はるりん (12/14)
フェスタ・25 by ぼたん (12/13)
フェスタ・25 by はるりん (12/13)
フェスタ・24 by ぼたん (12/12)
フェスタ・23 by ぼたん (12/12)
フェスタ・24 by はるりん (12/12)
フェスタ・23 by はるりん (12/11)
フェスタ・21 by ぼたん (12/09)
フェスタ・21 by はるりん (12/07)
フェスタ・19 by ぼたん (12/05)