2017年12月17日

丁度ええ







午後の授業も終わり、
この後、ラーメンでも食べに行こうと言う梶原の誘いをサクッと断り
イツキは教室を出る。


端で見物していた清水が、自分は先日イツキと二人きりでラーメンを食べた、などと
つまらない自慢をするのは、また別の話。


前に住んでいた部屋を経由せず、新しい部屋に向かう道順は、まだ慣れない。
それでなくとも電車が苦手なのだ。同じホームに、違う行き先の電車が入って来ることが、意味が解らない。
それでもどうにか無事に目的の駅に辿り着く。
駅ビルの食料品街で、主婦に交じり、夕食の買い物などをする。



「……でも、マサヤ、食べないんだよなぁ…。ほぼほぼ、いないし。
俺が学校の間は寝てるし、夜は、仕事行くし。……すれ違いの生活ってやつか!」



総菜のパックを手にしながら、イツキはひとりごちて、笑う。
せっかく同じ部屋に暮らしているというのに、一緒にいられる時間は短い。
けれどイツキは言うほど、残念に思っている訳ではない。
むしろ、始終べったり寄り添われるよりは、この位が丁度良いような気がする。


一緒にいる時は、溶け合ってしまうほど、濃密な時間を過ごすのだから。







部屋に帰り、買ってきた食材を冷蔵庫にしまう。

流し台には、昨日用意していた皿が、空になって、置かれていた。




posted by 白黒ぼたん at 14:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/181865303
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
最近のコメント
余計な揉め事 by ぼたん (10/18)
余計な揉め事 by はるりん (10/18)
甘い欲求 by ぼたん (10/17)
足りないイツキ by ぼたん (10/17)
甘い欲求 by はるりん (10/16)
足りないイツキ by はるりん (10/15)
誘惑・5 by ぼたん (10/13)
誘惑・5 by A (10/12)
誘惑・5 by はるりん (10/12)
誘惑・3 by ぼたん (10/11)