2018年01月08日

最初の事件・1







12月の末。
イツキが部屋に帰って来たのは、真夜中に近い時間。
とにかく身体を綺麗にしたいと、すぐに風呂場に向かい、熱いシャワーを頭から浴びる。

黒川は、取引相手と泊りがけの忘年会で、戻るのは明日になると言っていた。
その良し悪しは別にしても、とりあえず、今はまだ、顔を合わせたくないと思っていた。




無理やり拉致され、強姦されるのは、珍しい事ではない。

だからと言って、慣れている訳でも、平気でいられる訳でも無い。

何度経験しても、怖い思いをすることに、変わりはないのだ。




風呂から上がり、なるべく鏡を見ないようにして、髪の毛を拭く。
こんな時の自分の顔を見るのは、一番、嫌いだった。
台所に行き、カップに牛乳を注ぎ、レンジで温める。
熱くなり過ぎたカップを両手で持ち、湯気の立つ牛乳を啜るも、少しも身体は温まらない。
半分ほど飲み、諦めて寝室に向かい、ベッドの中に潜り込む。
布団を頭から被り、身体を丸めてみるのだけど、カタカタと身体の芯が震える。




やはり、
黒川に会いたいと思った。
電話やメールでは、上手く説明出来そうもない。
直接、目の前にして、事の次第を話し、
馬鹿だの、迂闊だの、一通り叱られてから、
抱き締めて欲しいと思った。




イツキはまだ混乱していて、
自分の身に起きた事を、きちんと、処理出来ては、いなかった。








あけおめことよろでございます。
そして新年一発目がコレでございます。
今年もいっちゃんには色々起こりそうな予感。
みなさま今年もどうぞ、ご贔屓にw
posted by 白黒ぼたん at 23:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/182083331
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
最近のコメント
足りないイツキ by はるりん (10/15)
誘惑・5 by ぼたん (10/13)
誘惑・5 by A (10/12)
誘惑・5 by はるりん (10/12)
誘惑・3 by ぼたん (10/11)
誘惑・3 by はるりん (10/10)
誘惑・2 by ぼたん (10/09)
誘惑・2 by はるりん (10/09)
一応、冗談 by ぼたん (10/04)
一応、冗談 by はるりん (10/03)