2018年01月10日

最初の事件・3







帰って来た黒川は、普通に、疲れたとネクタイを解きながらソファに座る。
イツキはコーヒーを淹れ、黒川の前に置き、自分は
いつもの黒川の足元…ではなく、ソファの黒川の隣に座る。


「……うん?」
「俺、レイプされちゃった」


別段、何でも無かったことのように、イツキは明るく、そう言って見せる。
黒川も一瞬驚いた顔をしたものの、すぐに、どうでもいいという風に、ふんと鼻を鳴らす。


「馬鹿め。酔っぱらって、街中でも歩いていたのか?」
「違うよ。…学校の帰り。………急に…」
「知っている奴か?」
「わかんない。……知らない人…だと、……思う」


黒川はもう一度、ふんと鼻を鳴らし、煙草を口に咥える。
ライターをカチカチとさせるも、火は、なかなか着かない。



「………ちょっと、…………怖かった……」





小さな、小さな声で、隣のイツキが呟く。


黒川は、火の着かないライターをテーブルに投げ、


傍らのイツキを抱き締めた。






posted by 白黒ぼたん at 20:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/182102838
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
最近のコメント
直球 by ぼたん (02/12)
直球 by はるりん (02/11)
意地悪 by ぼたん (02/10)
意地悪 by はるりん (02/09)
物音 by ぼたん (02/08)
物音 by はるりん (02/07)
食卓 by ぼたん (02/06)
食卓 by はるりん (02/04)
優待券 by ぼたん (02/03)
佐野 by ぼたん (02/03)