2018年01月13日

最初の事件・6







黒川が出掛けてしまい、イツキはまた部屋に一人。
ソファに寝転びながら、思い出したくも無い、あのレイプの時間を思い出す。








『…大人しくしていれば、怪我はさせない。…夜には返してやる…』


目隠しをされ、胸の前で両手首を束ねられ、腰の上に馬乗りされては、いくら優しい声で囁かれても、簡単に信じられるものではない。
とりあえずイツキは両手ごと、闇雲に振り回してみるのだが、結局その手は頭の上に引き上げられ、おそらくベッドの支柱に結ばれてしまった。


『……………や…』



無防備に晒された胸に、男の手が伸びる。
こうなってしまったら諦めるしかない。時間が過ぎるのを待つことだけが、唯一自分に出来ることだと、イツキには痛いほど解っている。
唇を噛みしめ、感覚を遮蔽し、ただただ、行為が終わるのを待っていた。



けれど、どうも、様子が違う。
今までに経験した、乱雑なレイプとは、……勝手が違うのだ。



身体の自由が利かなくなったイツキの胸を、男は、丁寧に舐めつくす。
好き嫌いはともかく勃ってしまう乳首を喰み、舌先でコロコロと転がす。
痛みの半歩手前。くすぐったさと感じてしまう所の中ほど。丁度良い加減で責め続け、同時に手が下半身に伸びる。

弄られる、と思ったが…、なかなかそこに、刺激は来ない。
イツキが無駄に腰をビクつかせると、男はイツキの耳元に顔を寄せ、聞き取れるかどうか境の小さな声で



『………かわいいな。………いい、反応だ。………もっと、気持ち良くしてやる』



と、囁く。



イツキは、今、自分を抱いているのは、…………実は、黒川なんじゃないだろうかと、……思う。





posted by 白黒ぼたん at 22:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/182137557
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
最近のコメント
フェスタ・26 by はるりん (12/14)
フェスタ・25 by ぼたん (12/13)
フェスタ・25 by はるりん (12/13)
フェスタ・24 by ぼたん (12/12)
フェスタ・23 by ぼたん (12/12)
フェスタ・24 by はるりん (12/12)
フェスタ・23 by はるりん (12/11)
フェスタ・21 by ぼたん (12/09)
フェスタ・21 by はるりん (12/07)
フェスタ・19 by ぼたん (12/05)