2018年01月20日

最初の事件・終








イツキは自分で、自分が、……セックスに溺れ易いという事は解っていた。
好きでも嫌いでも、合意があっても、無くても…、始まってしまえば拒むことは出来ない。
今までの経験上、そうしてしまうことが一番、自分の心と身体のリスクが低いのだと、言い訳にしてきたのだけど。
それにしても、あまり欲しがり過ぎては、ただの色欲にまみれたケダモノになってしまう。


自分をケダモノにするのは、黒川だけで十分だと言うのに。




「………いや、別に。……良かった訳じゃないし、…たまたま、なんか、ツボに嵌っただけ。……うん、………そう」



自分自身に言い聞かせるように、声に出して、言ってみる。
腕を回し自分の身体を抱き、ソファの上で小さく丸まる。



「……馬鹿、……俺。……ただ乱暴されただけじゃん。……事故だし。……これっきりだし………」





形にならない、なんとも言えない不安を、必死に拭い、無かったものにする。



それでもイツキはやがて、自分が何を怖がっていたのかを、知ることになる。



これが、最初の事件。





posted by 白黒ぼたん at 22:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/182194380
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
最近のコメント
記録・1 by はるりん (09/29)
夜伽話 by はるりん (09/27)
歓迎会・2 by ぼたん (09/25)
歓迎会・2 by はるりん (09/24)
歓迎会・2 by ぼたん (09/23)
歓迎会・2 by はるりん (09/23)
黒川危機一髪 by ぼたん (09/15)
黒川危機一髪 by みょん (09/13)
黒川危機一髪 by ひとみん (09/13)
黒川危機一髪 by はるりん (09/12)