2018年02月06日

事務所に三人








「………すんません…」



事務所で。
黒川の前で、頭を下げ謝る佐野は、まるで悪さを叱られた小学生の様。

イツキはソファに座り、ようやく、落ち着きを取り戻す。

黒川は煙草をプカプカとやりながら、呆れたように大きなため息をつく。



「…馬鹿か。道端で何をやってるんだ。イツキもイツキだ。一人で出歩くなと言っただろう」
「………コンビニ行っただけだもん…」
「それで、こんな目に遭うんだろう。……まったく、騒ぎの好きな奴だ…」
「…すんません。…俺が悪いんっす」



とばっちりのように叱られるイツキは、唇を尖らせ、拗ね、
佐野はひたすら平謝りをし
黒川はもう一度、大きなため息を付く。


「……まあ、いい。…佐野、この後ヒマか?……ついでだ、イツキとメシでも行ってこい」


そう言って黒川は、内ポケットから万札を数枚出し、佐野に手渡すのだった。






まだ仕事が忙しいという黒川を残し、イツキと佐野は、事務所の近くの定食屋へ行く。
黒川の前では大人しくしていた佐野だったが、ようやくいつもの調子を取り戻し、
ビールを注ぎながら、「やった。公認デートだな」などと言って笑う。





posted by 白黒ぼたん at 23:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/182347264
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
最近のコメント
林田と松田 by はるりん (10/19)
余計な揉め事 by ぼたん (10/18)
余計な揉め事 by はるりん (10/18)
甘い欲求 by ぼたん (10/17)
足りないイツキ by ぼたん (10/17)
甘い欲求 by はるりん (10/16)
足りないイツキ by はるりん (10/15)
誘惑・5 by ぼたん (10/13)
誘惑・5 by A (10/12)
誘惑・5 by はるりん (10/12)