2018年02月22日

病院にて・2







「……マサヤ、俺……」
「ああ、お前は車で待っていろ。そう時間は掛からない…」
「………トイレ、行く…」



黒川は、地下の駐車場にイツキを残して行くつもりだったのだが、それも出来ず。
あまり連れて歩いて、どこで誰に会うとも解らないのに。
仕方なく一緒に車を下り、階段を上る。


「子供か。…まったく。……用足しが済んだらココに座っていろ…、年寄りの隣にいろよ」
「…はーい」


上がった先は病院の総合受付で、広いフロアには人が溢れていた。
まあ万が一、池袋の関係者が来ていたとしても、これだけ混雑していれば紛れてしまうだろう。
黒川は待合のベンチを指さし、自分は入院患者のいる別の病棟へと向かう。
イツキは少し、黒川の背中を見送り、それから小走りでトイレを探し、用を済ませ、ほっとした表情で待合のベンチに戻って来た。


「年寄りの隣」に、座る。


あまり、自分を、外に、……池袋の知り合いに合わせたくないと、思っていたり、
人混みの中、年寄りの隣に座れと言ってみたりするのは…、黒川なりに自分を守ろうとしているのだろうと、…思う。

黒川は今まで散々、自分を雑に扱い、心配することなど微塵もなかったのに
今回は少し、…気を使っているように見える。
実は、全ての元凶は、黒川なのだけど、……身を案じてくれているのが解ると、少し、嬉しい。

受付の順番待ちのアナウンスや、会計の用意が出来たとベルが鳴る毎に、顔を上げ、辺りをキョロキョロ見渡し、黒川が帰ってくるのを待つ。

さすがに、こんな場所では危険はないだろうにと、小さく笑う。





そんなイツキを、少し離れた柱の陰から伺う、黒服の男がいた。



posted by 白黒ぼたん at 22:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/182483986
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
最近のコメント
フェスタ・3 by はるりん (11/12)
フェスタ・2 by ぼたん (11/11)
フェスタ・2 by はるりん (11/11)
フェスタ・1 by はるりん (11/07)
得意技 by はるりん (11/05)
イツキ沼 by はるりん (11/03)
多少の理性 by はるりん (10/31)
わかりやすい迷路 by ぼたん (10/29)
わかりやすい迷路 by はるりん (10/26)
覚悟 by ぼたん (10/25)