2018年03月02日

病院・最終話








「……マサヤ…」
「何だ?」
「……さっき話してた人、誰?……知り合い?」


帰りの車の中。イツキは何の事でもない風に、軽く、そう尋ねてみる。


「…叔父貴の所の…、池袋の嶋本組の、若頭補佐だ。……お前、何か、話したのか?」
「ううん。ちらっと見ただけ…」
「一応、見舞いには来たんだろうよ。…叔父貴とは揉めているようだがな。…叔父貴にも、組にも…世話になったくせに、恩を仇で返すような真似をする。……食えない奴だ」


黒川は忌々し気にそう言って、ふんと鼻息を鳴らす。
そうやってイツキに話すのは、おそらく警戒しろと促す意図もあったのだろう。

池袋の揉め事に首を突っ込む気は毛頭無いのだが、どうにも、向こうはそう思わないらしい。
叔父貴の身に万が一の事があれば黒川は出て行くのだし、そうであればその前に、諸共叩いてしまおうと考えているのか。





「……ふぅん。……そんなに怖そうな人には見えなかったけどね。
……俺、この間、ヤられちゃったのって、……あんな人なのかもとか、思った……」





半分冗談で、半分本気で。探りを入れる様に、感触を確かめる様に。
冗談めかしてイツキは笑いながらそう言い、黒川の横顔を伺う。
意外な予想だと驚くかも知れない。『目隠しをされていても、ケツで相手が解るのかよ』と、笑ってくれても良い。






「……そうかもな」


けれど、それは想定内だったという様子。
黒川は表情も変えずに、そう答えるのだった。





posted by 白黒ぼたん at 00:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/182553269
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
最近のコメント
直球 by ぼたん (02/12)
直球 by はるりん (02/11)
意地悪 by ぼたん (02/10)
意地悪 by はるりん (02/09)
物音 by ぼたん (02/08)
物音 by はるりん (02/07)
食卓 by ぼたん (02/06)
食卓 by はるりん (02/04)
優待券 by ぼたん (02/03)
佐野 by ぼたん (02/03)