2018年03月03日

笠原








池袋界隈で1,2の勢力を誇る嶋本組。
組長の多田は高齢で身体も弱り、実権はほぼ、若頭の円城寺が握っていた。
しかし、代替わりを目前に、円城寺の下に控えていた若頭補佐の笠原が、下剋上を目論み画策する。

円城寺を蹴落とすにあたり、親戚筋の新宿の黒川が、気になるところだった。
今は関りはないにしろ、何か事が起これば、間違いなく出て来る男だろう。
黒川は組織を立ち上げている訳ではないが、人脈があり、配下に西崎組を従えている。
表向きは会社を興し、経済界にも顔が利く。不動産業で荒稼ぎし、……手元に、未成年の男娼を抱え、枕営業に使っていると聞く。

目障りな男だった。








未成年の男娼はどんなものだろうと、興味本位で、犯してみた。
悪くは無かった。
……最近では黒川もご執心の様子で、あまり外には出さなくなったと言うのも、頷ける。
恋人という程でも無いだろうが、その辺りが綻びになれば、牙城を崩す材料になるかも知れない。





円城寺も、くたばり損ないだ。
些細な検査で入院するくらいなら、いっそ死んでくれれば手間が省けるのにと思う。
冷やかしを兼ねて見舞いに行くと、待合のベンチに、あの男娼が座っていた。


泣いて、ヨガる。あの時のイキ顔とはまるで違う。


気の抜けた様子で小さな欠伸をかき、暇そうに足をプラプラさせる。
カワイイ、ただの、子供だった。





posted by 白黒ぼたん at 00:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/182565132
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
最近のコメント
足りないイツキ by はるりん (10/15)
誘惑・5 by ぼたん (10/13)
誘惑・5 by A (10/12)
誘惑・5 by はるりん (10/12)
誘惑・3 by ぼたん (10/11)
誘惑・3 by はるりん (10/10)
誘惑・2 by ぼたん (10/09)
誘惑・2 by はるりん (10/09)
一応、冗談 by ぼたん (10/04)
一応、冗談 by はるりん (10/03)