2018年03月16日

小話「アレ」








まだコトの途中。


可哀想なイツキは綺麗にイク事も出来ず、穴に、卑猥な玩具を詰め込まれたまま、短い吐息を繰り返す。
そこ、も、ここ、も、もう限界のきわで、あとほんの少しの刺激で足りるというのに

黒川はそれを与えずに、悪趣味に、隣で眺めて笑う。



「……マサヤ、……もう、だめ……」
「……ふふ。お前はそうしているのが、一番、いいぜ?」



手足を拘束され、芋虫のように身を捩りながら、イツキは涙目で訴える。
黒川は自分だけ、水割りのグラスに口を付け、指先の先だけでイツキに触れ、反応を楽しむ。


「のど、乾いた……、マサヤ……」
「……ん?」


もじもじと腰を揺すりながら、イツキがそう言う。
黒川は仕方なく、持っていたグラスをイツキの口元に近づける。

…と、言っても、横向きのイツキがちゃんと飲めるはずもなく。


イツキは、舌をチロチロと出し、グラスの縁を舐める様に、水分を取る。





「……まるで、…アレだな。……テレビでやっている、ペットの餌だな。……ふふ」



そう言って、黒川は笑う。



イツキはもう一度黒川を見上げ、抗議の目をするも


「………いじわる…」



と、つぶやくのが精一杯だった。








少し、書きそびれた話を書こうかな…と。
アレは、以前、コメントで頂いた、猫ちゃんのアレ。
いっちゃん、ぺろぺろしたら、可愛いかなーと。
posted by 白黒ぼたん at 22:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/182709745
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
最近のコメント
林田と松田 by はるりん (10/19)
余計な揉め事 by ぼたん (10/18)
余計な揉め事 by はるりん (10/18)
甘い欲求 by ぼたん (10/17)
足りないイツキ by ぼたん (10/17)
甘い欲求 by はるりん (10/16)
足りないイツキ by はるりん (10/15)
誘惑・5 by ぼたん (10/13)
誘惑・5 by A (10/12)
誘惑・5 by はるりん (10/12)