2018年03月18日

小話「なんとか水産」








別に、俺。

マサヤが言う程、ユルくないし、フシダラでも無いと思う。

他の男とエッチとか、別に、したいと思っている訳じゃ、無い。





ある日の午前中。
冬晴れの気持いい昼食時。
買い物にでも行こうかと駅前に出たところで、バッタリ、ミツオさんに会った。


「イツキちゃん!…一人?」
「ん。…ミツオさんも?……これから仕事ですか?」
「いや、今日は休み。メシ、行こうかと…、……ね、イツキちゃんも一緒に、どう?。店の話とか、聞きたくない?」


話しながら、一緒に歩く。
……まあ、こんな昼間だし、お昼ご飯だし、もしかしてこれから一緒に仕事をする人かも知れないし…、真面目な話だし。


そう思って辿り着いたのは、なんだか雑な看板に、なんとか水産と書かれた店。
…扉の脇には、24時間営業と書かれていた。



「ここ、海鮮丼、美味いんだよ。……炉端も出来るけど。……一杯、やっちゃう?」



俺が返事をする前に、もう目の前にはビールが置かれていた。
店内は普通の居酒屋と一緒。周りを見れば、時間に関わらず、アルコールを飲み、上機嫌な客が騒いでいた。



お昼ご飯、と思ったけれど、結局注文したのは、

炉端で焼く貝のセットと、マグロのカマと、厚切りベーコンと、イカわたとキノコのホイル包み焼き。
ビールを何杯か飲んで、その後、うっかり日本酒を飲み始めて






その後のことは、よく、覚えてないや。






posted by 白黒ぼたん at 22:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/182728237
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
最近のコメント
黒川危機一髪 by ぼたん (09/15)
黒川危機一髪 by みょん (09/13)
黒川危機一髪 by ひとみん (09/13)
黒川危機一髪 by はるりん (09/12)
黒川危機一髪 by あんこ (09/12)
寿司割烹なか井・5 by ぼたん (09/11)
寿司割烹なか井・5 by はるりん (09/09)
寿司割烹なか井・4 by ひとみん (09/09)
寿司割烹なか井・4 by ぼたん (09/08)
寿司割烹なか井・4 by はるりん (09/06)