2018年04月03日

黒川のヒミツ・4







「……何度か店に行くうちに、そんな事になってな…。持って行け、持って行けと煩くてな。……終いには、丁度いい頃合になると、取りに来いと催促まで来る。…ババアめ…」



翌日。
部屋に戻って来た黒川は、冷蔵庫のキムチを取り出し、忌々し気にそう言う。
タッパーを開け、指先で少し摘まみ、味見のようにぺろりと舐める。
イツキはもうソファに座り、グラスに、黒川の土産の日本酒を注いでいるところだった。



「マサヤにそんな仲良しさんがいたなんて、驚いちゃった。おばあちゃん、腰イタで病院なんだって」
「仲良しかよ、お節介なだけだろう。……まったく」


ふんと鼻息を鳴らし、黒川もソファに座る。それでも心底嫌そうな様子ではないのが解る。
……黒川にも、そんな部分があるのが、どこかくすぐったくて……、イツキはくすくすと笑う。



「……何だよ」
「…んー。別にー」
「……他に、リカコとは何か話したのか?」
「リカコ?……ああ、あのお姉さん。……えーと」


イツキは日本酒のグラスに口を付け、黒川をチラリと見上げる。


「……俺のこと、マサヤの子って、言ってた」



そう言って、思い出したように、またくすくすと笑う。




けれど、リカコと話をしたのは、それだけでは無かった。





posted by 白黒ぼたん at 22:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/182881454
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
最近のコメント
余計な揉め事 by ぼたん (10/18)
余計な揉め事 by はるりん (10/18)
甘い欲求 by ぼたん (10/17)
足りないイツキ by ぼたん (10/17)
甘い欲求 by はるりん (10/16)
足りないイツキ by はるりん (10/15)
誘惑・5 by ぼたん (10/13)
誘惑・5 by A (10/12)
誘惑・5 by はるりん (10/12)
誘惑・3 by ぼたん (10/11)