2018年04月07日

イツキ三杯目








イツキは、部屋に帰るなり、キッチンに入り
棚から日本酒の一升瓶を取り、コップに注ぎ、水のようにごくごくと飲み干す。
自分に、アレコレ嫌な事を考える間も与えず、どうでもよい事と流してしまうには、度数の高いアルコールに頼るしか無くて、
二杯目をグラスに注ぎ、それも途中までは飲んで、溜息を付き、口を真一文字に結び……、残りを飲み干す。



「……はは…は」




意味も無く乾いた笑いを浮かべる。
酔いが回って来るのは、もう少し、先。






帰り道の途中で、苦手な相手に会った。
以前、何度か、相手をした相手。
白昼最中だと言うのに、下品に笑い、イツキの腰と尻を触り、がなり立てる。


「…なんだよ、勿体ぶってねーでヤらせろよ、イツキ。お前のケツなんざ、精液便所だろう?チンポ下さいって、自分で穴、広げて、オネダリしてたじゃねぇか?
…はは、そん時のビデオもあるぜ?今から上映会でもやるか?
たまんねぇよなぁ…、早く、ヨがれよ、オイ!」


他にも、およそ聞くに堪えない暴言を吐き、それは連れの女性が止めに入るまで続いた。





男が言った事は本当の事だし、今更、そんなもので落ち込む程、初心でも素人でもないのだけど、やはり、嫌なものは嫌で
気分を変える為に、ついつい、酒に頼ってしまう。




三杯目の日本酒をグラスに注いだ時、部屋に、黒川が戻って来た。






posted by 白黒ぼたん at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/182914181
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
最近のコメント
林田と松田 by はるりん (10/19)
余計な揉め事 by ぼたん (10/18)
余計な揉め事 by はるりん (10/18)
甘い欲求 by ぼたん (10/17)
足りないイツキ by ぼたん (10/17)
甘い欲求 by はるりん (10/16)
足りないイツキ by はるりん (10/15)
誘惑・5 by ぼたん (10/13)
誘惑・5 by A (10/12)
誘惑・5 by はるりん (10/12)