2018年04月09日

うそ







日本酒は程よく身体に回り、ふわふわと思考が定まらない頃。
時間は夜の8時。
台所に立ったまま、三杯目のグラスを手に持つイツキは、一見、ただ、水を飲んでいる様にも見えて


黒川は、ちらりと横目で見ただけで素通りし、リビングに入る。



「……早いね、……マサヤ…」
「書類を取りに来ただけだ。……封筒が…、ああ、コレコレ。すぐに事務所に戻る」
「……行っちゃうの?」
「西崎を待たせている」


封筒を手にした黒川はすぐに玄関へと引き返す。
どうやら本当に急いでいるらしく、イツキの様子には気付かない模様。

イツキも、黒川を追って、玄関へと向かう。
身体を斜めにし、ぺたんと壁に頭を付け、靴を履く黒川を眺める。



「………行っちゃうんだ…」
「明日までは帰らない。…夜には出掛けるから支度をしておけ。……黒スーツだ」
「………仕事?」
「いや、違うが…、……まあ、連絡する。……じゃあな」



それだけ言うと、イツキの頭をぽんぽんとやって、そのまま、部屋を出ようとする。






イツキは、自分から離れていく黒川の手を、咄嗟に掴み、腕にしがみつく。





「………なんだよ?」
「俺。……今日はマサヤと一緒にいたい」
「…ハァ?」
「………なんてね。……うそ…」



そう言ってイツキは黒川を見上げ、小さく笑う。





posted by 白黒ぼたん at 22:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/182938566
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
最近のコメント
余計な揉め事 by ぼたん (10/18)
余計な揉め事 by はるりん (10/18)
甘い欲求 by ぼたん (10/17)
足りないイツキ by ぼたん (10/17)
甘い欲求 by はるりん (10/16)
足りないイツキ by はるりん (10/15)
誘惑・5 by ぼたん (10/13)
誘惑・5 by A (10/12)
誘惑・5 by はるりん (10/12)
誘惑・3 by ぼたん (10/11)