2018年04月10日

攻防








「……行ってらっしゃい」



イツキは黒川の腕を掴んだまま、そう言う。
黒川は身体を半分玄関の扉に向け、もう片方の手をドアノブに掛け……



もう一度、イツキに向き直る。
そしてようやく、「…何か、あったか?」と尋ねる。
一歩、イツキに近寄り、表情を探る様に顔を覗き込む。
別段変わった様子もないのだけど、…息が若干、…酒臭い。



「……飲んでいたのか?……酔っ払いめ…」
「…だって。ヤなコトあったんだもん」
「何だよ?」
「……大したコトじゃないよ。……行きなよ、マサヤ。……急いでるんでしょ?」


あまり、呼気を嗅がれたくないのか、イツキは顔を背けてみせる。
それはまるで、何かを隠しているのか、拗ねているようにも見えて、余計に気になる。

顔を、こちらに向けようと、黒川は掴まれていた腕で、イツキの身体を引き寄せる。
けれど意外にイツキは身体を強張らせ、逆に、黒川を押し出すように腕を突っぱねる。



「……ほんとに。……大したことじゃ、ないよ。……うそ、うそ。……行って、マサヤ。……俺、何でもないから………」



そう言ってイツキは、明らかな作り笑いを浮かべ、黒川を扉に押しやる。
今になって酔いが回ったか、呂律の回らない口調が、哀れを誘う。



これで『そうか、解った。じゃあな』などと、簡単に引き下がれるハズもないのだけど。
当のイツキは自分が、黒川を惑わし誑かしているなどとは、露にも思っていないのだ。







タチの悪い子だ…笑
posted by 白黒ぼたん at 23:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/182947292
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
最近のコメント
余計な揉め事 by ぼたん (10/18)
余計な揉め事 by はるりん (10/18)
甘い欲求 by ぼたん (10/17)
足りないイツキ by ぼたん (10/17)
甘い欲求 by はるりん (10/16)
足りないイツキ by はるりん (10/15)
誘惑・5 by ぼたん (10/13)
誘惑・5 by A (10/12)
誘惑・5 by はるりん (10/12)
誘惑・3 by ぼたん (10/11)