2018年04月11日

あと5分









ずっと鳴らし続けていた電話がようやく繋がる。
何か、深刻な事態でも起きているのではないかと心配していた西崎は、その向こうの様子を探る様に、ケータイを耳に押し当てる。


「……社長?……どうしました?……何か、問題でもありましたか?」
「…………ああ、いや。…………大丈夫だ………」


黒川の言葉の合間に、ガサガサと何か音がする。
…まだ探し物が見つからないのか、それともすでに移動中なのか。


「…先方さん、もう着いてるようですよ。……時間が……」
「…ああ。……すぐ、行く。………西崎、マンションの前に車を回しておけ。……あと、5分で降りる……」
「……は……」


西崎の短い返事も待たずに、電話は切れた。









「……クソ…」


黒川は電話を切り、床に放り投げ、小さく悪態をつく。
そして、抱えていたイツキの足を、もう一度持ち上げ、挿入している箇所をさらに密着させる。


玄関先で二人、立ったまま。
イツキは背中を壁に預け、黒川に腰を抱えられて、いわゆる駅弁スタイルで。


こんな所で始めるつもりは無かったのだが、始まってしまったものは仕方がない。



「……少し、イジられたくらいで、ヤケ酒煽りやがって…、馬鹿が……」
「…マサ…ヤ…、……まだ、……むり………」
「…………そんな顔を見せる…お前が、悪い……」






posted by 白黒ぼたん at 21:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/182955217
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
最近のコメント
足りないイツキ by はるりん (10/15)
誘惑・5 by ぼたん (10/13)
誘惑・5 by A (10/12)
誘惑・5 by はるりん (10/12)
誘惑・3 by ぼたん (10/11)
誘惑・3 by はるりん (10/10)
誘惑・2 by ぼたん (10/09)
誘惑・2 by はるりん (10/09)
一応、冗談 by ぼたん (10/04)
一応、冗談 by はるりん (10/03)