2018年05月07日

小話「海辺のホテル」







東京から少し離れたそのホテルは、特に綺麗でもお洒落でもなく。
それでも、ロビーの全面ガラス窓から見える海は、何よりも素晴らしかった。
歩けば、すぐに海岸に出られるほどの距離。ゴツゴツとした岩場に上がる波しぶき。
繰り返される、波の音。揺れる水面に映る、月明かり。

イツキはロビーのソファに半分横になりながら、ぼんやりと海を眺めていた。









事の後で、重たい身体。
無理やり飲まされた酒のせいで、酷く眠い。
目を閉じると、ただ、波の音だけが自分を包む。
まるで波間にたゆたう様。
このまま流されて、どこかに行ってしまえばいいと、思う。






「……待たせたな。…行くぞ」



迎えに来た黒川が、ソファのイツキを見付け、声を掛ける。
イツキは目を開け、一瞬、黒川を見上げ、また目を閉じ。
気だるい声で「…はぁい」と、返事をした。








特に、設定も無いお話。
ちょっとした箸休め的な…w
posted by 白黒ぼたん at 21:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/183176568
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
最近のコメント
一週間・5 by ぼたん (02/19)
一週間・5 by ふふ (02/18)
一週間・5 by はるりん (02/18)
直球 by ぼたん (02/12)
直球 by はるりん (02/11)
意地悪 by ぼたん (02/10)
意地悪 by はるりん (02/09)
物音 by ぼたん (02/08)
物音 by はるりん (02/07)
食卓 by ぼたん (02/06)