2018年05月11日

抵抗








一応、拒んではいるのだ。
「だめ、だめ」と繰り返し、手をバタバタと振り回し、突っ張り
精一杯の抵抗の目で相手を睨み、これ以上近づいたら許さないと、威嚇してみせるのだが、


まあ、役には立たない。



カタン、と個室の錠が下ろされ、イツキは奥の便座に座らされる。
車椅子が利用できる程の広さ。手を伸ばしても扉には届かない。

その、イツキの伸ばした手を、男は掴み
……自分の股間に押し当てる。
服の上からでも解る、充分に張りのあるそれは、間違いなくイツキを満足させるだろうと

イツキは、一瞬ドキリとして、思わず相手の顔を見てしまう。




「……素直な子だね。……欲しい?」


男はまた、笑う。そして、唇を噛みしめ、首を横に振るイツキのズボンを、下ろし始めた。





「………ああ、酷いね。びちょびちょだ…。……これじゃ、風邪、引いちゃうよ…」


下着も、脚も、濡れて、すっかり冷え切っていた。
男の手が伸びただけで、その温かさに、気が緩んでしまう。






posted by 白黒ぼたん at 22:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/183209047
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
最近のコメント
直球 by ぼたん (02/12)
直球 by はるりん (02/11)
意地悪 by ぼたん (02/10)
意地悪 by はるりん (02/09)
物音 by ぼたん (02/08)
物音 by はるりん (02/07)
食卓 by ぼたん (02/06)
食卓 by はるりん (02/04)
優待券 by ぼたん (02/03)
佐野 by ぼたん (02/03)