2018年05月14日

裏目









男は、イツキの中に挿れていた指を一度大きく掻き回し、そして、未練たっぷりに引き抜く。
イツキは身を強張らせるも、無くなってしまった感触を追う様に、腰が勝手にヒクつく。

抜いた指を、男はイツキの顔で拭くように擦り付ける。
独特な臭いが鼻につき、それがさらに、神経をおかしくさせるようだ。



「……続き、……したいでしょ?」



男はそのままイツキの顎を掴むようにし、イツキの顔を自分に向けさせる。
自分を睨んではいるものの、その目は怯え、涙ぐみ、湿った赤い唇からは、はあはあと短い吐息が洩れている。
膿のように溜まった欲情が、今にもぱちんと弾け、溢れ出しそうになっているのが、解る。



その趣味のある者には、イツキは格好の獲物なのだ。







「………おれと…、……こうして、……なんかに、する…気?」
「………何って?」
「……池袋で、何か…、………悪い事してる人、でしょ?」
「悪い事か、…ははは。………キミを囲っているヤツ程じゃ無い……」




話ながら男は、少しお喋りが過ぎると思っていた。
実際イツキは、どうにか残っていた理性を掻き集め、男の正体を探っていた。
小芝居を打ち時間を使ってしまったことが、裏目に出たようだ。






「………それを知ってて、おれに…こんなコトしちゃ、駄目……でしょ?
………駄目だから、………してるんだろうけど………」





posted by 白黒ぼたん at 00:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/183222662
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
最近のコメント
余計な揉め事 by ぼたん (10/18)
余計な揉め事 by はるりん (10/18)
甘い欲求 by ぼたん (10/17)
足りないイツキ by ぼたん (10/17)
甘い欲求 by はるりん (10/16)
足りないイツキ by はるりん (10/15)
誘惑・5 by ぼたん (10/13)
誘惑・5 by A (10/12)
誘惑・5 by はるりん (10/12)
誘惑・3 by ぼたん (10/11)