2018年05月14日

反撃









それは一瞬の出来事だった。




イツキが、男の不意をつくように、身体を動かす。
男は、イツキが逃げ出すのだと思い、咄嗟に、扉の方向へ意識を向けたのだが


イツキが手を伸ばしたのは、扉とは反対側。その先にあったのは、赤い呼び出しボタンだった。

本来、身体の不自由な人が利用するこのトイレには、万が一の為の非常ボタンが設置されていた。
………直に、係員が、様子を伺いにここへやって来る。







「………へえ、……そんな事、しちゃうんだ…?」

男はすぐに、イツキが何をしたのかを理解した。
このままここでイツキを犯すのも、連れ出して場所を変えるのも、どちらにしても、もう時間は足りないだろう。

男はもう一度、イツキの顎を掴み、自分に向けさせる。




「……これで、逃げられたと思う?」
「………すぐに…、……だれか、………来る……」


男に睨まれながらも、イツキは震える声で、そう言う。




その唇に、男は、唇を重ねる。




男の舌は、閉じていたイツキの唇を何度もなぞり、ぬるりと、隙間から割って中に入る。
くすぐる様に歯を舐め、舌を合わせ、絡ませ、吸い上げる。




まるで恋人同士のようなキスに、イツキは頭をくらくらさせながら、どうにか、顔を背ける。




丁度その時、外側から、扉をドンドンと叩く音がした。






posted by 白黒ぼたん at 23:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/183230111
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
最近のコメント
余計な揉め事 by ぼたん (10/18)
余計な揉め事 by はるりん (10/18)
甘い欲求 by ぼたん (10/17)
足りないイツキ by ぼたん (10/17)
甘い欲求 by はるりん (10/16)
足りないイツキ by はるりん (10/15)
誘惑・5 by ぼたん (10/13)
誘惑・5 by A (10/12)
誘惑・5 by はるりん (10/12)
誘惑・3 by ぼたん (10/11)