2018年05月17日

その頃の黒川









その頃の黒川は、まあまあ、大きな仕事の真っ最中だった。


西崎と配下の若い衆を数人連れ、負債を抱えた、とある会社に赴き
一頻り暴れた後は経営者に頭を下げさせ、最後に残された土地の譲渡契約書にハンコを押させる所だった。


胸ポケットのケータイが鳴る。





『………マサヤ?』
「今、忙しい。後にしろ」
『…迎えに来てくれないかな…?』
「……忙しいと言っただろう、切るぞ」



隣にいた西崎が、何か急用でも…と、心配そうに黒川を見るも、黒川は、関係ないという風に手をひらりと外に振る。
……その様子と、少し漏れる声で、電話の相手がイツキだと気付く。





『……あのさ、俺、今、駅なんだけど…。……痴漢に遭っちゃって、動けなくなっちゃったんだよね。………迎えに来て?』

「……ハァ?。タクシーでも乗って帰って来ればいいだろう」

『………おれ、今、一人とか、……無理。……マサヤ、来てくんないなら、別の人に頼んでも…いい?』

「……勝手にしろ」








そう言って黒川は電話を切る。




それでも数十分後には、駅の救護室で待つイツキの元に、半ば怒った様子の黒川がやって来るのだった。






posted by 白黒ぼたん at 23:14| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
なんだかんだと言いつつも
結局は行くのね〜むふっ♪
こういう展開、堪らない〜
Posted by 如月 at 2018年05月18日 00:02
最近の黒川は
イツキに甘甘ですから〜
Posted by ぼたん at 2018年05月22日 00:11
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/183251192
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
最近のコメント
足りないイツキ by はるりん (10/15)
誘惑・5 by ぼたん (10/13)
誘惑・5 by A (10/12)
誘惑・5 by はるりん (10/12)
誘惑・3 by ぼたん (10/11)
誘惑・3 by はるりん (10/10)
誘惑・2 by ぼたん (10/09)
誘惑・2 by はるりん (10/09)
一応、冗談 by ぼたん (10/04)
一応、冗談 by はるりん (10/03)