2018年05月19日

今回の報告








「…電車で、急に、…イタズラされて…、……ちょっと酷くて……」
「……ふん」




駅前のパーキングに停めてあった黒川の車で、移動する。
すぐに部屋に帰るつもりだったのだが、イツキの服が濡れて汚れて…臭かったので、近くのラブホテルへ。
フロントのアルバイトに金を渡し、適当な服と下着を買って来させ、まずは風呂と、湯船に湯を張る。
こんな場所の風呂はとにかく広くて、ありがたい。
一緒に黒川が入って来たのは想定外だったけれど、とりあえず身体を温めて、イツキはやっと安堵の息を付く。





「ほじくり返されて、本番までされて、……馬鹿か、お前」
「だって。………逃げられなかったんだもん…」
「顔は見たのか? 素人じゃ無いんだろう?」


湯船で身体を寄せ合いながら、今回の報告。
今更、ハズカシイも糞も無いのだけど、一緒の風呂は少し恥ずかしい。


「見てない。………でも、終わって、最後に…あの、池袋の人がいたよ」
「池袋の……、笠原か! 奴にヤられたのか」
「ヤられてない。……大丈夫って、声掛けられて、介抱されたけど。……多分、グルだよ…ね?」
「だろうな。…まったく。……迂闊過ぎる。簡単に、引っ掛かりやがって……」


黒川は呆れたといった風に、大きく溜息をつく。

イツキは、一応ごめんなさいと謝り、項垂れる。




笠原にトイレまで連れ込まれ、あやうく流されそうになった事は、なんとなく、話せなかった。





posted by 白黒ぼたん at 22:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/183271023
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
最近のコメント
足りないイツキ by はるりん (10/15)
誘惑・5 by ぼたん (10/13)
誘惑・5 by A (10/12)
誘惑・5 by はるりん (10/12)
誘惑・3 by ぼたん (10/11)
誘惑・3 by はるりん (10/10)
誘惑・2 by ぼたん (10/09)
誘惑・2 by はるりん (10/09)
一応、冗談 by ぼたん (10/04)
一応、冗談 by はるりん (10/03)