2018年05月22日

波の底








まるで、波間に溺れてしまうよう。
息も出来ず。
水面の輝きがすべての救い。

ただ、ただ。

流されていくだけの、恍惚。








「だめ、だめ、だめ、だめ………め…………ッ」



風呂場からどうやって寝室に移動したのか、覚えてはいない。
途中でかなり酒を煽る。多分、素面ではいられない思いがあったに違いない。イツキは。



何か、おかしいと、黒川も気が付いていたが…

それを詮索するよりも、乱れ、溺れていくイツキが面白くて…嵌る。





『…他の男に弄られたトコロを、掻き出してやる』 と、
責めるつもりも無かったのだが、言葉の綾で。
指を、差し入れ、さらに奥へ…、腕の中ほどまで挿れ、揺らす。


本当に壊れる、その際のキワを、イツキの表情を見ながら、黒川は探る。
イツキは、駄目と口にしながら身体を震わせ、すべての刺激を快楽に替える。










まだ。




この瞬間に勝るものはないと、


イツキは少し、安心していた。







posted by 白黒ぼたん at 22:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/183293791
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
最近のコメント
直球 by ぼたん (02/12)
直球 by はるりん (02/11)
意地悪 by ぼたん (02/10)
意地悪 by はるりん (02/09)
物音 by ぼたん (02/08)
物音 by はるりん (02/07)
食卓 by ぼたん (02/06)
食卓 by はるりん (02/04)
優待券 by ぼたん (02/03)
佐野 by ぼたん (02/03)