2018年06月07日

カウンターの客








「……失礼ですが、どなた様からのご紹介でしょうか?」
「なんだよ、この店は紹介が無いと、酒も飲めないのか?」
「……いえ、一応、ご確認をと思いまして……」



バーテンはいぶかし気な表情を浮かべ、カウンターの客に声を掛ける。
一般の店とは言え、一般の一見さんは、そうそう訪れない店。
ホールの隅で、いやにガタイの良い黒服がトランシーバーを片手に、こちらを伺う。



「…そう警戒するなよ、…騒ぎを起こしに来た訳じゃない」


カウンターの客は出されたバーボンに口を付け、少し馬鹿にしたように鼻で笑い、ちらりと店内に目をやる。

奥の扉の向こうには違法な賭博場があり、明らかにこの男はその存在も知っているようだった。







店内が俄かに気色ばみ、笠原が現れる。
黒服と何かを話し、動きを制するように手を挙げ、そして、カウンターの客に近寄る。
バーテンは静かに頭を下げる。



「………黒川さん、…ですね?」



呼ばれるも、男は気付かなかったという風に視線もくれず、煙草に火を付ける。



「…嶋本組、若頭補佐の笠原です。…本日はようこそお越し下さいました」



本来、黒川と笠原の間には上下関係はないのだろうが、店のオーナーらしく、笠原は頭を下げる。

黒川は紫煙を燻らしながら、ごくごく小さく、頭を傾げる。






posted by 白黒ぼたん at 22:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/183466315
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
最近のコメント
フェスタ・26 by はるりん (12/14)
フェスタ・25 by ぼたん (12/13)
フェスタ・25 by はるりん (12/13)
フェスタ・24 by ぼたん (12/12)
フェスタ・23 by ぼたん (12/12)
フェスタ・24 by はるりん (12/12)
フェスタ・23 by はるりん (12/11)
フェスタ・21 by ぼたん (12/09)
フェスタ・21 by はるりん (12/07)
フェスタ・19 by ぼたん (12/05)