2018年06月10日

一瞥








「…まさか、そんな。……はは」



と、笠原は乾いた笑みを浮かべる。
黒川は二本目の煙草に火を付ける。



「…笠原さん。俺は嶋本組のイザコザに関わる気は無い…。…あんたが叔父貴と本気でやり合うなら話は別だが…な。
あまり、ふざけた真似はするなよ?」

「……さあ、……何の話ですかね……」

「ただの忠告だ。……俺を怒らせるなよ?」




黒川はふんと鼻息を鳴らし、おもむろにスーツの内ポケットに手をやる。
…一瞬、表情を凍らせたのは、脇に控えていた手下ばかりではない。
それでも、黒川が取り出したのは、鉛色の鉄の塊でも人を傷つけるものでもなく、……数枚の一万円札で
それを、テーブルの上に、はらりと、静かに置く。




「…じゃあな、…邪魔したな」
「……もうお帰りですか?……ごゆっくりなさればいいのに…」
「…ココは、あんたの場所だろ?……人の場所に立ち入るほど、無粋な真似はせんよ」



黒川が椅子から立ち上がる。
控えていた手下が明らかに敵対心むき出しの目で黒川を睨み、身構えるも
笠原はそれを手で制する。




最後に黒川は笠原に一瞥だけくれて、店を、出て行くのだった。







posted by 白黒ぼたん at 23:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/183504162
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
最近のコメント
一週間・5 by ぼたん (02/19)
一週間・5 by ふふ (02/18)
一週間・5 by はるりん (02/18)
直球 by ぼたん (02/12)
直球 by はるりん (02/11)
意地悪 by ぼたん (02/10)
意地悪 by はるりん (02/09)
物音 by ぼたん (02/08)
物音 by はるりん (02/07)
食卓 by ぼたん (02/06)