2018年08月01日

週末熱海夜話・3







「……梶原、ポテチ零してる。ヤダ、そのチョコ、俺の。
…おにぎりの中身、鮭だった。大野、ツナマヨ、ツナマヨ…

海!…海が見える、海!」




アレコレ心配しても仕方がないので、旅を楽しむ事にする。
不安も、杞憂も、黒川と一緒にいれば、いつもの事なのだし。
対面式の座席の小さなテーブルの上に、スナック菓子の袋を広げ、
この冬の間、あまり話す事が出来なかった分のおしゃべりを存分に楽しんだ。





「………俺は、まんじゅうを食う」


熱海の駅に降りると、大野が謎の宣言をする。
…特別、甘いもの好きでは無いはずだが、温泉まんじゅうには目がないようなのだ。
駅前に並ぶ土産物屋の店先では、あちこちでまんじゅうを蒸す湯気が上がっている。
大野は宣言通り、端からそれを食べ、イツキも一緒になり、食べ
最終的には腹が痛いと騒ぎ、その二人を見て、梶原が呆れたように笑っていた。




歩くこと数十分。少し距離はあったが、景色を眺めながらだと、そう苦にはならなかった。
山側に上った先、急に立派な庭園が広がり、新しそうな立派な建物が見えた。


「……ココ?……すげー…」


普通であれば、場違いな様子。あまりにきちんとしたリゾートホテルに、梶原も大野も一瞬怯む。

そんな二人に気付いているのか、まるで気にしていないのか、イツキは平然と中に入り、さっさとチェックインを済ませ、


「何してんの?……行こ?」


と、ベルボーイの後に付き、二人に手招きをするのだった。





posted by 白黒ぼたん at 21:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/184071052
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
最近のコメント
足りないイツキ by はるりん (10/15)
誘惑・5 by ぼたん (10/13)
誘惑・5 by A (10/12)
誘惑・5 by はるりん (10/12)
誘惑・3 by ぼたん (10/11)
誘惑・3 by はるりん (10/10)
誘惑・2 by ぼたん (10/09)
誘惑・2 by はるりん (10/09)
一応、冗談 by ぼたん (10/04)
一応、冗談 by はるりん (10/03)