2018年08月06日

週末熱海夜話・6







プールの隣には、水着のまま利用するスパエリアがあり
1500メートルを泳ぎ切った三人は、そこで一息ついていた。

イツキは、まあまあ普通。
梶原と大野は疲れたようで、今にも沈みそうに肩までどっぷり湯に浸かる。


「………いや、マジ……、無理……。……ガチすぎる…」
「…別に、競争した訳じゃないじゃん…」
「…そうだけど、……追いつけないなんて……無いわ。……オマエ、スイミング、やってたの?」
「……んー。……小学校のとき、とか、だよ…」


イツキに追いつくことが出来なかったのが余程悔しいようで、大野がそう零す。

イツキは、小学生の時分にスイミングスクールに通っていて、それは地方の大会に出る程の実力だったらしい。
その話を知っていた梶原は、うんうんと頷きながら、両手で湯をすくい顔をバシャバシャとやる。


「早いのもそうだけど、やっぱ、泳ぎ、キレイだな。…すげぇな」
「……そんな事、ないよ……」
「意外と、筋肉あるのかな?…でも、腕とか、細いよな…」

「……そんなこと、ない。……俺、先、出るね……」





うっかり本気で泳いでしまった事が、恥ずかしいのか、何なのか、イツキは湯船から出て足早に更衣室へ向かってしまった。
……梶原も大野も口にこそしなかったが、ほぼ全裸のイツキの身体は、綺麗だった。



すらりとした手足。ほどよく筋肉がついた、身体。
きめの細かい白い素肌。水が滴る前髪をかき上げる仕草も。
…そして改めて、…身体中のムダ毛が無い事に、気が付いてしまった。



湯船に残った梶原と大野は、二人、静かに目配せして…
何とも言えない微妙な笑みを浮かべるのだった。







更衣室に戻ったイツキは、バスタオルで髪の毛を拭く。

そのせいで、解らなかったのだけど、物陰からずっとイツキの事を見ている、男がいた。






posted by 白黒ぼたん at 23:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/184110809
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
最近のコメント
林田と松田 by はるりん (10/19)
余計な揉め事 by ぼたん (10/18)
余計な揉め事 by はるりん (10/18)
甘い欲求 by ぼたん (10/17)
足りないイツキ by ぼたん (10/17)
甘い欲求 by はるりん (10/16)
足りないイツキ by はるりん (10/15)
誘惑・5 by ぼたん (10/13)
誘惑・5 by A (10/12)
誘惑・5 by はるりん (10/12)