2018年08月10日

週末熱海夜話・9







スピーチまではまだ間があるようで
イツキは取りあえず男を見つめながら、カクテルを飲む。
暫くするとさすがに向こうも気付き、面識はないはずなのに仕事柄か、笑顔で会釈などしてくる。

イツキも、ニコリと笑う。

ついでにカクテルを零してしまったのは、多分、本当の偶然。


やがてパーティーも進み、男も壇上に上がり、挨拶をする。
どうやら地元の代議士先生のようだと、この時始めて知る。
短いスピーチが終わり、袖から捌け、控室に消えた。









「……おつかれさまです」


男が控室に入ると、すでに、そこに、イツキは居た。


「……ええと。……キミ、ここのスタッフさん?」


質問に、イツキは微笑み、首を横に振る。


「……どこかでお会いした事、あったかな?」
「……いいえ。……ちょっと、お話出来たらと……、思って……」


思わせぶりな言葉と、表情。
おそらく、こんな手を仕掛ける以上、男もその趣味があると調べはついているのだろう。
例え、そうではなくとも、この状態のイツキに間近に迫られ、上目遣いで見つめられては…




マトモな頭も、オカシクなってくる。







posted by 白黒ぼたん at 23:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/184142250
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
最近のコメント
足りないイツキ by はるりん (10/15)
誘惑・5 by ぼたん (10/13)
誘惑・5 by A (10/12)
誘惑・5 by はるりん (10/12)
誘惑・3 by ぼたん (10/11)
誘惑・3 by はるりん (10/10)
誘惑・2 by ぼたん (10/09)
誘惑・2 by はるりん (10/09)
一応、冗談 by ぼたん (10/04)
一応、冗談 by はるりん (10/03)