2018年08月11日

週末熱海夜話・10








「…はは。………キミ、ずっと私の事、見ていたでしょ?」
「……え。……気付いていました?」
「勿論だよ。……お酒、零したのも見ていたよ、はは……」



突然現れたイツキに警戒しながら、そして、得も言われぬ感覚を紛らわせながら…、男は話す。




「……そうなんです。……お酒、零しちゃって…、……シャツ、濡れちゃって……」




俯いたイツキは、自分の胸元に手をやる。
濡れてもいないくせに、ネクタイを緩め、シャツのボタンを外し、隙間に、自分の指を差し入れる。
撫ぜる様に動かし、小さく溜息を付いて、シャツの端をきゅっと掴み、


男を、見上げる。



「……脱いでも、……いい?…」
「…こ、…ここじゃ、……駄目でしょ……」
「じゃ、どこなら、いい…?」



そう言って、イツキは…笑って、……男の胸に、とん、と身体を寄せた。










部屋のどこかに隠しカメラがあって、この様子を映しているのだろう。
ハグかボディタッチで良いと。それっぽく見える写真が撮れれば良いのだと。
ならば、この程度で十分だろう。

芝居は終わり。


冗談めかして、「……なんちゃって」と笑って、イツキが一歩、後ろに下がろうとすると




男はイツキの腕を掴み、前に踏み込み、逆にイツキに身体を寄せて来た。








posted by 白黒ぼたん at 22:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/184150395
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
最近のコメント
余計な揉め事 by ぼたん (10/18)
余計な揉め事 by はるりん (10/18)
甘い欲求 by ぼたん (10/17)
足りないイツキ by ぼたん (10/17)
甘い欲求 by はるりん (10/16)
足りないイツキ by はるりん (10/15)
誘惑・5 by ぼたん (10/13)
誘惑・5 by A (10/12)
誘惑・5 by はるりん (10/12)
誘惑・3 by ぼたん (10/11)