2018年08月15日

週末熱海夜話・11







「……ちょっ……と、ま…って…、………」
「……キミが……、誘うから……、……キミが……」
「……んー……、………違くて………」


興奮した男は鼻息も荒く、イツキを抱き締める。意外と力が強い。
首筋を舐め、そのまま顔を舐め、唇を舐め。
イツキが両手で男の顔を押し退ける隙に、身体をさらに寄せ、腰を打ち付けてくる。


「……キミが悪いんだよ……」
「………センセ。……こんなトコじゃ、や…、……駄目…だって………ばっ」


思わず声を荒げ、男を蹴飛ばそうとした瞬間


……入り口の扉が開き、人が入って来た。


男は咄嗟に我に返ったようで、慌てて、目の前のイツキの身体を突き飛ばす。



「……山野辺先生?……どうかされましたか?」
「…い、いやっ……なんでもないよ」
「お戻りが遅かったので…。あちらで皆様お待ちですよ?………この子は?」
「知らんよ!…私は、知らんよ!」


…男は取り繕い、イツキを振り返りもせず足早に部屋を出て行く。
一瞬でも色香に迷い、自分が取った行動が、自分でも信じられないといった様子だった。




残されたイツキは呆気に取られていたが、ともあれどうにか、用事は済んだらしい。
後から入って来た男にペコリと頭をさげ、自分も部屋を出ようとする。



それでも、イツキが窮地に立たされるのは、これからが本番だった。






posted by 白黒ぼたん at 21:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/184177947
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
最近のコメント
フェスタ・26 by はるりん (12/14)
フェスタ・25 by ぼたん (12/13)
フェスタ・25 by はるりん (12/13)
フェスタ・24 by ぼたん (12/12)
フェスタ・23 by ぼたん (12/12)
フェスタ・24 by はるりん (12/12)
フェスタ・23 by はるりん (12/11)
フェスタ・21 by ぼたん (12/09)
フェスタ・21 by はるりん (12/07)
フェスタ・19 by ぼたん (12/05)