2018年08月16日

週末熱海夜話・12








二番目の男は一番目の男よりも乱暴で強引で手練れだった。
脇を通り抜けようとするイツキの腕を掴み、ドンと壁際に押しやり、とりあえず唇を合わせる。



「……ッ、……や…っ……」


顎を掴まれ、無理やり口を開かされ、深いキスをする。
当然イツキは抵抗し、男のあちこちを叩いたり髪の毛を引っ張ったりするのだが、意味はない。



「……やっぱり、……そういう子だったんだ?……ふふ、僕とも、楽しもうよ……」


そう、ささやく男をイツキは見上げ、睨み付ける。
……それは先刻、プールの更衣室で、イツキに声を掛けて来た男。
どうやらパーティーの招待客で、山野辺の知人。

しかも、相当遊び慣れた様子。

片手でイツキの腕を束ね、身体を寄せ、体重を掛け動きを封じ、脚や腰を、イツキの敏感な部分に擦りつけて来る。



「……ちが…う。………ふざけんな……、……離せ…バカ…ッ」



イツキにすれば精一杯の悪態をつき、男から逃れようと身体を捩る。
けれど逆にバランスを失う。
それと同時に男はイツキの脚を蹴飛ばし、
イツキはその場に、腰を落としてしまう。



「………あっ……」



シャツの隙間に、手を差し入れられる。
……山野辺との小芝居の時に、外していたボタン。
男の手はするりと中に入り、イツキの乳首を見つける。
爪先で引っ掻かれると、思わず、声が出てしまった。


「……可愛い声だね」


男はイツキの耳をべろりと舐めながら、そう言う。






耳は、駄目だった。






posted by 白黒ぼたん at 22:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/184187910
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
最近のコメント
フェスタ・26 by はるりん (12/14)
フェスタ・25 by ぼたん (12/13)
フェスタ・25 by はるりん (12/13)
フェスタ・24 by ぼたん (12/12)
フェスタ・23 by ぼたん (12/12)
フェスタ・24 by はるりん (12/12)
フェスタ・23 by はるりん (12/11)
フェスタ・21 by ぼたん (12/09)
フェスタ・21 by はるりん (12/07)
フェスタ・19 by ぼたん (12/05)