2018年08月20日

週末熱海夜話・14







「よ。……おつかれ」



静かに扉が開いて、男が浴室に入ってくる。
中にイツキがいると知っているのか、そう声を掛け、軽く手桶で湯を浴びてから、湯につかる。

イツキはチラリと横目で眺め、あからさまに不機嫌な顔をして、反対側を向いてみる。
男は何食わぬ顔で、ふふと笑い、大きく伸びなどしてみせる。


「……なかなか、面白い見世物だったぜ?」
「…あ、そ」


からかう様に男はそう言う。イツキは短く答える。
しばらく、そっぽを向きだんまりを決め込んでいたのだけど…
あまりに沈黙が長すぎて、業を煮やす。



「マサヤ、どこにいたの?……俺のこと、ずっと見てたの?……助けに来てくれれば良かったじゃん!……俺、……」
「……逃げようと思えば、逃げられただろう?」
「…あそこで騒ぎを起こしてもマズイと思って、我慢したんじゃん!」
「我慢?…それにしちゃぁ、ずい分、良さそうだったんじゃないか?」



黒川はわざと煽るような言葉を吐く。
思った通りイツキは怒り、赤い顔をさらに赤くして黒川を振り返り、頬を膨らませる。

黒川は、可笑しくて堪らないと言った風に笑い、そのイツキを抱き締める。





「……なんてな。…嘘だ。……悪かったな、二人目はハプニングだったな。
………怒るなよ、イツキ」




耳元で囁く声は卑怯なほど甘く優しく、湯あたりするより熱く、のぼせ上がる。






「………マサヤの、ばか……」



イツキは、そう呟くのが精一杯。







posted by 白黒ぼたん at 21:03| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
初めまして。

ほんと、マサヤのばか!
Posted by きんぎょ at 2018年08月21日 00:40
マサヤ。
本当に馬鹿な男なんですが…

離れられないのよねーww
Posted by ぼたん at 2018年08月22日 22:42
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/184219376
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
最近のコメント
林田と松田 by はるりん (10/19)
余計な揉め事 by ぼたん (10/18)
余計な揉め事 by はるりん (10/18)
甘い欲求 by ぼたん (10/17)
足りないイツキ by ぼたん (10/17)
甘い欲求 by はるりん (10/16)
足りないイツキ by はるりん (10/15)
誘惑・5 by ぼたん (10/13)
誘惑・5 by A (10/12)
誘惑・5 by はるりん (10/12)