2018年09月02日

痴話喧嘩








「……はよ、イツキ。珍しいな、朝から学校とか…」
「………ん」


残り少ない学校の日。
梶原は教室にイツキの姿を見付け、笑顔で駆け寄るも、イツキは浮かない顔。
聞けば…、…すべてを話す訳でもなかったが…、…まあ、黒川とちょっとした言い争いをして家を出て来たとのこと。

いつもの痴話喧嘩。よくある話だ。






部屋で、イツキは、真新しい自分用のスーツを見つけた。
クローゼットに掛けられたそれは、「仕事」で着る黒いスーツだった。

『特に意味は無い。ついでに作っただけだ。…今度の会食に着ればいいだろ』
『…会食って、…池袋の人たちの?……俺、仕事、するの?』
『ただ、色が黒いだけだろう。これを着ると、セックスする決まりかよ?』

確かに黒川の言い分も解るのだけれど、タイミングが悪すぎる。
ただでさえ気乗りのしない集まりに、わざわざ服を新調したなどと、まるで…そう、お膳立てされていると思っても仕方がないだろう。

『…俺、本当は、……行きたくない…』
『ガタガタ言うな。……コレが嫌なら、素っ裸ででも来い』




そんな子供じみた言い合いの末、イツキは部屋を飛び出して来たのだ。






「……何?……今日は一人なの?……あの金髪運転手、いないの?」
「いないよ。もう、いらないし。……ああ、もう。俺のこと、何だと思ってるんだろう!」



イツキは机に頬杖を付きながら息巻く。
…怒った顔も可愛い、などと、梶原は呑気に思っていた。






posted by 白黒ぼたん at 23:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/184330862
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
最近のコメント
フェスタ・26 by はるりん (12/14)
フェスタ・25 by ぼたん (12/13)
フェスタ・25 by はるりん (12/13)
フェスタ・24 by ぼたん (12/12)
フェスタ・23 by ぼたん (12/12)
フェスタ・24 by はるりん (12/12)
フェスタ・23 by はるりん (12/11)
フェスタ・21 by ぼたん (12/09)
フェスタ・21 by はるりん (12/07)
フェスタ・19 by ぼたん (12/05)