2018年09月05日

イツキの提案







「…珍しいな、…一人、か?」




学校帰り。
校門の外で、梶原のちょっとした用事を待つ間、声を掛けられた。
一瞬、ドキリとして…振り返るのもためらったのだが…、恐る恐る顔を向ける。




「………なんだ。……清水先輩…か…」
「なんだ、って何だよ」

そこに立っていたのは清水で、イツキのつれない返事に苦笑いを浮かべる。

「…俺に挨拶も無しで帰っちゃうワケ?…もう、ガッコーに来る日も残り少ないのにさ」
「あ。………そんなつもりじゃ……」
「…なんて、な。……な、どこか行こうぜ。たまには……」

「イツキは俺とメシに行くんです」


清水が前のめりになってイツキを口説き始めた時、戻って来た梶原が声を掛ける。
二人の間に身体を割り込ませて、距離を開ける。
明らか不機嫌顔で清水を見上げる様子は、まるでオモチャを取られそうになった子供のよう。
どこか余裕の笑みを浮かべる清水と、火花を散らす。


「…そういや、梶原。大学受かったんだってな、オメデト」
「……ありがとうございます」
「お祝いがてら、イツキ、譲ってよ」
「どうして、そういう事になるんですか。…無理っす!」


「…あー、じゃあ、……三人でご飯、行く?」



イツキの提案に、梶原と清水は顔を見合わせ、お互い、そんな馬鹿な事は無いだろうと、イツキを見遣る。
それでもイツキの笑顔には敵わない。


結局は、イツキの提案通りにしてしまうのだった。



posted by 白黒ぼたん at 21:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/184351370
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
最近のコメント
直球 by ぼたん (02/12)
直球 by はるりん (02/11)
意地悪 by ぼたん (02/10)
意地悪 by はるりん (02/09)
物音 by ぼたん (02/08)
物音 by はるりん (02/07)
食卓 by ぼたん (02/06)
食卓 by はるりん (02/04)
優待券 by ぼたん (02/03)
佐野 by ぼたん (02/03)