2018年09月10日

思惑







勿論、笠原とて、一度や二度抱いただけのイツキを、本気で愛した訳では無かった。
組内で対立する円城寺への、攻撃材料の一つにでもなればと、イツキに目を付けた。
円城寺の身内の黒川。その黒川が囲っている、未成年の男娼。
お互い裏の世界にいる以上、細かな犯罪を上げ連ねても意味はないが…、まあ、何かのネタにはなるだろう。
からかい半分、余興のつもりで、手を出した。

少し、遊びが過ぎたか、思った以上に黒川が噛み付いて来た。
それだけ、この男娼を気に入っているのか。恋人のように扱っているというのも、あながち嘘ではないのかも知れない。
単純に、酷い目に遭わせてもいい。
もしくは自分になびかせ、黒川から寝取れば、見ものだ。

組に属さず、一匹狼…気取りの男。
今は円城寺の後ろに控えているが、事が起きれば必ず、自分の障害となる男。
その時に、かつての恋人が、敵方の自分の元に居れば、さぞ小気味が良いだろう。








「…俺の女になれよ。……いい思いさせてやるよ? あのおっさんより」
「………おっさん。………それ、マサヤの事?」
「…あ?……ああ。年甲斐もなく高校生に手を出す助平オヤジ……」



寝取り、弄び、捨ててしまえと……その程度に思っていた子供だったが……
……どうにも、様子がおかしい。




「……笑い過ぎじゃない?」




よほど『おっさん』呼ばわりがツボだったのか、
イツキは口元を押さえ、こみ上げる笑いを堪えるも……どうにも、肩が震えてしまう。



「…だって、…マサヤの事、おっさんなんて…、言う人、いないし……」
「実際、そう…でしょ? ……キミと幾つ離れているの?」
「……まあ、……そう言われれば、そうだけど……」



イツキはアイスコーヒーのストローを咥えながら、考える様に視線を逸らし……
少ししてから、慌てて、今はそれどころではないと、姿勢を正す。
笠原と視線が合うと、怒っているのだという風に真顔になり唇を尖らせ、
『…そんなお話、あり得ません…!』と、語気を強めて言い放つ。



その姿に、今度は、笠原の笑いが止まらなくなった。






posted by 白黒ぼたん at 23:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/184392185
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
最近のコメント
直球 by ぼたん (02/12)
直球 by はるりん (02/11)
意地悪 by ぼたん (02/10)
意地悪 by はるりん (02/09)
物音 by ぼたん (02/08)
物音 by はるりん (02/07)
食卓 by ぼたん (02/06)
食卓 by はるりん (02/04)
優待券 by ぼたん (02/03)
佐野 by ぼたん (02/03)