2018年09月14日

かけひき









実は店の中には、笠原の手下が数人、控えていた。
逃げ出したイツキをすぐに捕まえることも出来たのだが、笠原が手を挙げ、それを制した。


「……良いんですか?…カシラ」
「ああ。今日は粉を掛けただけだ。…あれは脈アリだろ?……次が楽しみだな」


笠原は手下にそう話すも、途中から笑いがこみ上げ、どうにもならないようだった。
あれしきのやりとりで揺らぎ、逃げ出す、ヤクザの女がいるかよと、可笑しくもあり、




………新鮮だった。




「……カシラ?」
「ああ、なんでもない。引き上げるか…」


そう言って、笠原は、明るく賑やかな店内を後にするのだった。











イツキは暫く闇雲に走り、後ろから、男が追って来ないかと警戒する。
とは言ってもイツキの全力疾走など、数分しか持たない。
どこぞの店先の立て看板の脇に身を潜め、肩を上下させながら、上擦った息を整える。


つい、うっかり。
笠原との…行為を…思い出すところだった。
……試してみたい……などと、考えてもいけない。
一度、そのモードに入れば、自制など一切効かないことは、イツキにも解っている。



「……して、みたい……、訳じゃないんだから。……もう!」



自分自身に言い聞かせる様に、声に出し、それごと無かったことにするように、頭を左右に振る。




そんな時に、突然、後ろから肩をぽんと叩かれて、イツキは死ぬほど驚くことになる。





posted by 白黒ぼたん at 20:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/184425413
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
最近のコメント
直球 by ぼたん (02/12)
直球 by はるりん (02/11)
意地悪 by ぼたん (02/10)
意地悪 by はるりん (02/09)
物音 by ぼたん (02/08)
物音 by はるりん (02/07)
食卓 by ぼたん (02/06)
食卓 by はるりん (02/04)
優待券 by ぼたん (02/03)
佐野 by ぼたん (02/03)