2018年09月16日

ジェントルマン清水








イツキと清水はタクシーに乗り、イツキの家に向かう。
本当は清水は、そのまま二人でどこかに行くつもりだったのだけど
イツキは頑なに、帰る、と言い張る。



「……ごめんなさい、先輩。……俺、今ちょっと、……そんな感じじゃなくて…」
「…梶原のアホーとは、二人で遊びに行くのにな…」
「………え?」



清水は梶原から、合格祝いの水族館デートの話など聞いていたのだろう。
半分馬鹿にしたように鼻息を鳴らし、恨めし気にイツキを横目で見遣る。


「……ごめんなさい…」
「…はは。まあ、お前もイロイロあんだろ?……落ち着いたらでいいからさ、俺とも、遊べよ?」
「……うん」
「……俺のこと、忘れるなよ?」





春には、清水はいない。
埼玉の仕事先で、寮住みが決まっている。
今生の別れではないにしろ、距離が空くことは間違いない。


湿っぽい別れの挨拶など、ガラではない。もしそんな事を言いだしたら、このまま、車は行き先を変えてしまう。




「……先輩……」
「……ああ」






最後の会話は、それだけ。
清水は、隣に座るイツキの手に、自分の手を、そっと重ねた。








posted by 白黒ぼたん at 22:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/184435265
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
最近のコメント
林田と松田 by はるりん (10/19)
余計な揉め事 by ぼたん (10/18)
余計な揉め事 by はるりん (10/18)
甘い欲求 by ぼたん (10/17)
足りないイツキ by ぼたん (10/17)
甘い欲求 by はるりん (10/16)
足りないイツキ by はるりん (10/15)
誘惑・5 by ぼたん (10/13)
誘惑・5 by A (10/12)
誘惑・5 by はるりん (10/12)