2018年10月02日

確認・2







「……それはさ、……マサヤも、…でしょ?………俺が、いいでしょ?」
「…あ?……ああ」
「そういう時にはさ、もっと、優しいこと、言うといいよ。……もっとさ……」



イツキはそう言い、わざとらしく、拗ねたように視線を逸らせる。



「……優しく…、してやってるだろう?」
「………そう?」



そして、今度はチラリと、視線だけを絡める。


……こいつはいつの間に、こんな顔を覚えたのだろうかと…、黒川は不思議に思う。
多分、最初に仕込んだのは自分だとは思うのだけど、……今は、時折、知らない顔を見せる。
それを探る内に、つい、深みにハマる。自分でも、気付かぬ内に。












繋がる頃には、お互い、熱くなり過ぎていた。
黒川はイツキを鳴かせようと、少し乱暴な手も使ったかも知れない。

「………や………ぁぁ……ん」

イツキが声を上げると、イツキの中はきゅっと締まり、黒川をさらに悦ばせる。
そうして黒川はやっと




「……可愛いな、イツキ」


と、頬にキスをしながら、言う事ができるのだった。







posted by 白黒ぼたん at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/184571043
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
最近のコメント
一週間・5 by ぼたん (02/19)
一週間・5 by ふふ (02/18)
一週間・5 by はるりん (02/18)
直球 by ぼたん (02/12)
直球 by はるりん (02/11)
意地悪 by ぼたん (02/10)
意地悪 by はるりん (02/09)
物音 by ぼたん (02/08)
物音 by はるりん (02/07)
食卓 by ぼたん (02/06)