2018年10月10日

宴席・5







黒川と笠原は酒を飲みながら、静かに、大人しく、仕事がらみの世間話をしているようだった。
割と、普通。

元はと言えば、組内部の勢力争いの余波で、イツキにまでお鉢が回って来たのだ。
その争いが収まったのであれば、この問題は、もうお終いのはずだろう。


イツキは、少し、安心して、手元のグラスに口をつける。
そして向かいに座っているホステスと、お勧めのハンドクリームの話などで盛り上がる。

そんな折、ステージで何かあったのか…、ショーの最中の女性に歓声が上がった。
思わず、イツキがそちらに目を向けると、笠原が、くすくすと笑う。




「…最後までイったかな。…ふふ、次、イツキくんも、ステージ、上がる?」
「……上がりません」
「そう?……よく、あるんでしょ?ああいうコト。……いいなぁ、黒川さんは、イイ子、持ってて…」


笠原がそう言うと、黒川はチラリと笠原を睨む。




「黒川さん、あのステージの子ね。……野田鉄筋の娘さんですよ?」
「……野田鉄筋?」
「黒川さんが飛ばした所です」



それは、先日、『フェリーチェ』での出来事。
笠原の賭場で借金を重ねていた男の…唯一の担保だった土地を、黒川が横取りして無碍にしたのだと言う。



「……結局、どうにも回らなくなってね…、娘さん、ウチで預かる事にしたんですよ。
イツキくんみたいに、売れっ子になると良いんですけどね…」



ステージでは、見世物になっていた女性が泣きながら……次の男の相手をしていた。





posted by 白黒ぼたん at 22:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/184655701
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
最近のコメント
フェスタ・26 by はるりん (12/14)
フェスタ・25 by ぼたん (12/13)
フェスタ・25 by はるりん (12/13)
フェスタ・24 by ぼたん (12/12)
フェスタ・23 by ぼたん (12/12)
フェスタ・24 by はるりん (12/12)
フェスタ・23 by はるりん (12/11)
フェスタ・21 by ぼたん (12/09)
フェスタ・21 by はるりん (12/07)
フェスタ・19 by ぼたん (12/05)