2018年10月21日

宴席・13








一ノ宮が車を回して迎えに来たのは、それから数時間後。
会食があったクラブの、近くのバーで、黒川は一人で飲んでいた。


「………イツキくんは?」


一ノ宮が尋ねるも、黒川はふんと鼻息を鳴らし、グラスに口を付けるのみ。
重たい口を開いたのは、それからさらに、杯を重ねた後だった。







『……どういうつもりだ。…馬鹿か!』
『……だって、……あのままじゃ、……あそこで喧嘩になっちゃったじゃん…』


笠原が先に席を立つと、黒川はイツキの胸ぐらを掴むようにして引き寄せ、問い詰める。


『そんなもの、どうにでも出来る。……ヤリたかったのか?奴と!』
『……マサヤ、……怒んないでよ……。…セックスなんて、…穴、貸すだけだって。…洗って返せばいいって、…マサヤ、いつも言ってるじゃん…』
『……な…』


黒川が返事に詰まる間に、ホールの向こうで笠原がイツキを呼ぶ。
車の用意が出来き、これから……ホテルへ向かうのだ。
扉の前に立つ笠原は不敵に笑う。
…仮に、多額の金が動くにしても、……この一件は、笠原の勝ちなのか。


『……せっかく俺が、……拒んでやったのに…』
『ん。……嬉しかった』


照れたようにはにかみ、俯くイツキは、これから別の男に抱かれに行く。


『……大丈夫。……俺、マサヤの、でしょ?』



posted by 白黒ぼたん at 22:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/184737516
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
最近のコメント
フェスタ・3 by はるりん (11/12)
フェスタ・2 by ぼたん (11/11)
フェスタ・2 by はるりん (11/11)
フェスタ・1 by はるりん (11/07)
得意技 by はるりん (11/05)
イツキ沼 by はるりん (11/03)
多少の理性 by はるりん (10/31)
わかりやすい迷路 by ぼたん (10/29)
わかりやすい迷路 by はるりん (10/26)
覚悟 by ぼたん (10/25)