2018年11月01日

塩梅







イツキの裸をきちんと見るのは、笠原とて、初めてだった。
一番最初の…、無理やり乱暴した時は、イツキは両腕を束ねられバタバタと身を捩らせていた。
素肌の綺麗さや、動く筋肉のしなやかさは解るものの、じっくり眺め、愛でるという状態では無かった。



今、組み敷いて、手の平でゆっくりとなぞるイツキは、 男のそれとは思えないほど白く滑らかな素肌で、それでいて張りや弾力は、やはり女とは違う硬さがあって…面白い。
そして指先一つの加減でも、イツキはびくんと身体を揺らし、甘く湿った吐息を漏らす。
時折瞼を薄く開け、潤んだ目でこっちを見るのは、何かを抗議しているのか、それとも次を強請っているのか。
解らなくて、顔を覗き込む。そうするとふいに、ニコリと笑ったりする。




「……それは…、誘ってる顔?……いつも、そんな風なの?……ウリの時は」
「………嫌な時は、嫌だよ。………笠原さんと最初の時も、……や、だった……」
「ああ。…あれはちょっと乱暴しちゃったね。悪かったね……」


話しながら、笠原は指にジェルを乗せ、イツキの入り口を何度か往復する。
中は熱く湿り、丁度良い塩梅。
笠原は正常位でイツキと向き合い、イツキの脚を抱え上げ、すぼみに、自身を押し当てる。
つぷん、と先端だけくぐらせる。イツキは眉間にシワを寄せる。



「…今日は、……優しくしてあげるよ」
「……ううん」


話しながら、腰を進める。
そう抵抗も無く、ずるりと奥まで入って行く。





「…ん?」
「…俺、……優しいの、苦手。なんか、…怖くなちゃうから……」










posted by 白黒ぼたん at 23:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/184837474
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
最近のコメント
直球 by ぼたん (02/12)
直球 by はるりん (02/11)
意地悪 by ぼたん (02/10)
意地悪 by はるりん (02/09)
物音 by ぼたん (02/08)
物音 by はるりん (02/07)
食卓 by ぼたん (02/06)
食卓 by はるりん (02/04)
優待券 by ぼたん (02/03)
佐野 by ぼたん (02/03)