2018年12月01日

ぐうの音






「……笑い過ぎだ、一ノ宮」



夜。ようやく一ノ宮は、黒川の不機嫌の理由を聞き出す。
どんな重大な理由かと身構えていたのだが、笑い過ぎて、飲みかけの日本酒でむせ返すところだった。


「…いや、……失礼。……しかし…」
「…ゼニアだぞ?…あの、馬鹿。……何でも一緒くたに洗いやがって」
「今はイツキくんが全部、…身の回りの事を?……洗濯や、食事や…」
「…出来れば苦労はしないがな。……まったく」


黒川はぼやき、グラスを口につけながらため息を漏らす。
駄目にしてしまったシャツはハイブランドのもので、特に、気に入っていたらしい。


「……それは、お気の毒です…」
「だろう?」
「あなたじゃないですよ、…イツキくんがです」
「…は?」


ようやく笑いが収まった一ノ宮は、黒川のグラスに酒を注ぎ、そう言う。
意外と、真面目な顔。悪さを諭す親のようで、黒川の方が少し、たじろぐ。


「イツキくん、よくやっていますよ。『仕事』だって嫌がらずに行く。その上、あなたの世話までじゃあ、大変だ。
お母さんでも、お手伝いさんでも無いのでしょう?
もう少し、感謝した方がいい」


そんな一ノ宮の言葉に、黒川はぐうの音も出ないのだった。







夜中。
部屋に戻ると、イツキはすでにベッドで眠っていた。

リビングのテーブルには、

シャツの同じブランドの、……小さな紙袋が置いてあった。




posted by 白黒ぼたん at 00:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/185105651
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
最近のコメント
フェスタ・26 by はるりん (12/14)
フェスタ・25 by ぼたん (12/13)
フェスタ・25 by はるりん (12/13)
フェスタ・24 by ぼたん (12/12)
フェスタ・23 by ぼたん (12/12)
フェスタ・24 by はるりん (12/12)
フェスタ・23 by はるりん (12/11)
フェスタ・21 by ぼたん (12/09)
フェスタ・21 by はるりん (12/07)
フェスタ・19 by ぼたん (12/05)